ヒストリー

過去30年間プルムウォンが歩んできた足跡です。

自然と人間の美しい調和を実現していくグローバル·ロハス代表企業
1981年5月12日ソウル江南の狎鴎亭洞に小さな八百屋がオープンしました。店の名は'プルムウォン農場の無公害農産物直販場'。ウォンギョンソンのプルムウォン農場と正農会の農夫達が栽培した有機農産物を販売していたこの場所は、韓国初のオーガニックお店であり、企業プルムウォンの母体でした。、この地にオーガニックの価値を広める事業が始まったことを知らせる旗にも相応する小さな店プルムウォン。長い年月が流れた今、プルムウォンは韓国で最も尊敬される企業、グローバル·ロハスの代表企業になって、自然と人間の美しい調和を実現しています。
  • 2003年5月、小学生対象'生命の菜園'事業
  • 2005年3月、職員の飢餓体験イベント
  • 2005年11月、北朝鮮の子供達に豆乳給食原料支援事業
  • 2007年3月、'グッドバイ·アトピー!' キャンペーン実施
  • 2009年5月、韓国初の世界的な水環境教育プログラム'Project WET'開始
  • 2009年7月、プルムウォンの役員ボランティア団'ロハス·デザイナー'発足
  • 2010年11月、'健康な食べ物キャンペーン'開始
  • 2012年4月、プルムウォン財団の公式出帆
  • 2012年9月、プルムウォン-教育部、'学父兄-子供、健康な食べ物キャンペーン'教育業務協約締結
  • 2015年9月、ロハス生活教育'正しい清掃教室'開始
  • 2015年9月、'ロハス食生活'教育開始

1980s
~
2010s

1980年代

1989年

韓国初、海外救援NGO団体の韓国国際飢餓対策機構(KFHI)設立資金支援
1990年代

1993年1月

食品業界初の'地球を愛する基金'造成

1996年1月

役員'隣人愛基金'造成
2000年代

2003年5月

小学生対象の'生命の菜園'事業

2003年8月

美しい店舗、移動店舗'寄贈

2005年3月

役員の飢餓体験イベント

2005年11月

北朝鮮の子供達に豆乳給食原料支援

2007年3月

'グッドバイ·アトピー!'キャンペーン実施(~2010年)

2008年5月

忠北人材育成財団に奨学基金9億ウォン寄託

2009年5月

韓国初の世界的な水環境教育プログラム'Project WET'スタート

2009年7月

プルムウォン役員ボランティア団'ロハス·デザイナー'発足
2010年代

2010年11月

社会貢献活動'健康な食べ物キャンペーン'開始

2012年4月

非営利公益財団'プルムウォン財団'が公式出帆
(農林畜産食品部認可)

2012年9月

教育部と'学父兄-子供の健康な食べ物キャンペーン'教育業務協約(MOU)締結

2015年3月

第1回槐山世界オーガニック·エキスポ成功祈願一億ウォン寄託

2015年9月

ロハス生活教育'正しい清掃教室'開始

2015年9月

'ロハス食生活'教育開始

2015年12月

農林畜産食品部長官賞表彰
(健康な食べ物キャンペーンによる食生活教育の普及と発展に寄与)