ロハス

ロハス(LOHAS)はLifestyles Of Health And Sustainabilityを略した意味で、 '健康と地球環境のサスティブルな未来の実現を目指す暮らしかたを意味します。

'人間と自然を共に愛するロハス'

ロハス企業であるプルムウォンは '人間と自然を共に愛するロハス'的な価値を通じ、 健康な人間と健康な地球環境が、互いに調和をとって生きて行くことを希望します。 無分別な生態系の破壊が益々深刻になっている環境汚染の中で 地球共同体のサステナビリティが脅かされている今、次世代を考え、 身近な生活習慣から見直すべきです。

プルムウォンは自然と共存できる健康な生き方をアドバイスし、, 持続可能な生活を楽しめることを提案します。 もし食生活に悩むことがあれば プルムウォンが提案する'ロハス食生活'と'ロハス生活'を目に留めてみてはいかがでしょうか。

ロハス(LOHAS) : Lifestyles Of Health And Sustainability

健康に良い物が環境にも良い物です。プルムウォンは安心できる食べ物、栄養のバランスと、さらに環境まで考えたロハス生活を具現化するため、'ロハス·ダイエット·モデル'を考案しました。プルムウォンはロハス生活の観点から二酸化炭素排出量を減らすため、事前に製品とサービスでの二酸化炭素排出量を算出して、生産に反映する計画です。二酸化炭素排出量を工場で減らすことはもちろん、製品やサービスの開発段階から二酸化炭素排出量を減らすことによって、製造―流通―消費の全過程で地球環境を保護するということです。
体と環境を健康に、ロハス·ダイエット·モデル

健康に優しいことが環境にも優ことに繋がります。生活習慣病予防と健康のため、環境のためにプルムウォンは‘ロハス·ダイエット·モデルを提案します。健康と環境のサステナビリティを共に高める、‘ロハス·ダイエット·モデル’は地球環境に優しい食品を作っていくことを実践することです。実践できるように作られました

― ロハス·ダイエット·モデル

大人向けのロハス·ダイエット·モデル
'ロハス·ダイエット·モデル'の図表は二つの扇子形が上下反対に合わさっている形です。左の図表は上から推奨摂取量の多い食品順に並んでいて、右の図表は上から環境に悪い影響を与える二酸化炭素排出量が少ない食品順になっています。例えば、左の図表は推奨摂取量が最も多い食品に野菜あり、右の図表は、野菜や果物などが二酸化炭素排出量が最も少ないことを表しています。たいてい健康に良い食品が環境に及ぼす悪い影響が少ないことを確認することができます。

※ 大人は生活習慣病の予防と健康増進を目的として一日1800kcalの摂取をお勧めします。
ロハス·ダイエット·モデルは年齢別に摂取食品、カロリーの推奨量が少しずつ異なるので、詳しくご覧ください。
農場から食卓までの二酸化炭素排出量の足跡:りんごVS牛肉
健康に良い物が環境にも良いことです。二酸化炭素は農場から食卓に置かれるまでFood Chainの全過程から排出されます。栽培方法(一般的な農法vs有機農法)、工場でのエネルギー使用(化石燃料vs新再生エネルギー)、包装方法(パッケージの材質、重量など)を変更することで二酸化炭素排出量を減らすことができます。

プルムウォンの二酸化炭素足跡:プルムウォン·ミネラルウォーター、有機豆腐、アイムリアル
プルムウォンは健康と環境のサステナビリティを高める'ロハス·ダイエット·モデル'を実践するため、製品の生産から包装、製造、物流はもちろん、消費と廃棄までの全過程から発生される二酸化炭素の排出量を予め計算し、これを減らすため努力しています。より多くの製品に拡大されていくプルムウォンの努力をホームページを通じ、継続してお知らせいたします。

5S活動
プルムウォンが考えているロハス生活の基本は、生活習慣を変え環境を改善することでもあります。水を節約し、きれいな空気を保つこと、そして整理整頓のような個人の活動などが環境を改善できるという事実を知っていますか。地球環境のため温室効果ガスの減少と同様に、今、私たちの周りを整理整頓し汚染を除去することは非常に重要です。日常的なロハス生活習慣から正しくするため、プルムウォンは健康で清い生活のために'5S活動'を提案し、子供たちを対象にしたロハス生活教育'正しい清掃教室'を始めます。子供たちはゲーム、体験活動などを通じ、清掃は労働ではなく遊びとして楽しみながら、自ら楽しんで清掃する習慣を身につけていきます。子供たちの清掃習慣が自分の机、自分の部屋、自分の家から地球全体にまで広がります。

가정에서의 5S 실천법

  • 1これ以上特別な思いがなかったら思い切って捨てる。
  • 2保管、廃棄、寄付することなどの基準を定め、それによって整理する。
  • 3物にふさわしい場所に保管する。
  • 4保管箱の表に内容物がわかるように名札を書いて置く。
  • 5一日二回以上30分間、窓を開けて自然換気をする。
  • 6一日一ヶ所を目標に毎日10分間掃除する。
  • 7掃除の動線を決める。例えば、寝室、リビングルーム、バスルームの順。
  • 8我が家だけの清掃ルールを週ごと、月ごと、季節ごとに決める。週に一回はマットの掃除、雨のときに窓枠の汚れ除去など。
  • 9家族みんなで各自の掃除空間と役割を決める。
  • 10掃除の後、清潔で気持ちの良い状態を楽しみながら互いにねぎらう。